ヨーグルトの上澄み液「乳清(ホエイ)」の栄養と効果

ヨーグルトの上澄み液「乳清(ホエイ)」の栄養と効果

乳清というのは、牛乳から不溶性のカゼインと呼ばれる乳タンパクを除いてできる、半透明の液体のことをいいます。
黄色っぽい液体で、牛乳由来の水溶性のタンパク質やビタミン、ミネラルを豊富に含んでいるので、代謝を活発にし、健康に良いというのは間違いありません。

 

乳清には、二種類あるのをご存知ですか?

 

ヨーグルトやチーズをつくるときに出てくる乳清と工業的に牛乳からカゼインを集めるときに出てくる乳清の二種類です。

 

ヨーグルトやチーズで出てくる乳清は、タンパク質がある程度分解されてオリゴペプチドやアミノ酸といった吸収されやすい形に変化した低分子物質が増えていますし、牛乳中の乳糖もオリゴ糖に変わっています。

 

でも、工業的に出てくる乳清は、カゼインを塩酸で処理して固めただけですので、成分としては乳糖が多く、後は水溶性のタンパク質とミネラルが中心です。
一気に大量に取ると、乳糖不耐症と言って下痢や発熱を伴うことがありますので注意が必要です。
普段から、牛乳を飲むと下痢気味だという人は気をつけてくださいね。

 

さて、乳清に含まれるタンパク質ですが、子牛の成長に必要な栄養素が豊富に含まれているわけですから、体に悪いわけがありません。免疫グロブリンや血清アルブミンの他にラクトフェリンといったタンパク質も含まれており、免疫力を高めたり、体を構成するタンパク質の原料としても使われたりします。
この効果を利用した化粧品もあるくらいです。

 

乳清に含まれているタンパク質は、グルタチオンを増加させる効果もあり、抗酸化物質として働いてくれるそうです。

 

さらに、鎮静作用のあるβ-ラクトグロブリンやα-ラクトアルブミンも含まれていますので、ストレスを和らげ、睡眠不足にも効果があるという報告もあるようです。