ヨーグルトにかける美容・健康に良い砂糖の代わりのおすすめ甘味料

美容・健康に良い砂糖の代わりのおすすめ甘味料

ヨーグルトに含まれる乳酸菌を、少しでも腸内に留めておきたいのであれば、腸内で乳酸菌が増えやすい環境を作る必要があります。

 

オリゴ糖は、乳酸菌の増殖因子と言われる物質ですから、オリゴ糖を一緒に食べることで、乳酸菌が増えやすくなり、、腸内の細菌のバランスが善玉菌に有利な状況に変わってきます。

 

ですから、ヨーグルトを食べる時には、砂糖よりも、オリゴ糖、あるいはオリゴ糖を含む甘味料を使うことをおすすめします。

 

 

オリゴ糖はそのままシロップや粉末として販売されているものがたくさんあります。

 

中でも、ガラクトオリゴ糖は牛乳由来の乳糖を原料にしたもので、乳酸菌が最も活動しやすいオリゴ糖と考えられています。

 

特に、ビフィズス菌が増えやすいオリゴ糖の代表ですので、ビフィズス菌のヨーグルトを食べるのであれば、ガラクトオリゴ糖はとってもオススメです。

 

もちろん、ガラクトオリゴ糖でなくても、市販されているオリゴ糖は乳酸菌の増殖因子として販売されていますので、どれでも効果があります。

 

オリゴ糖を構成する糖成分によって甘味の度合いが変わりますので、自分にあった甘味のものを探してくださいね。

 

 

フラクトオリゴ糖は砂糖を原料にして作られるオリゴ糖ですし、イソマルトオリゴ糖はビールの原料にもなっている麦汁が原料です。

 

砂糖に含まれる果糖と呼ばれる糖質は、最も甘味の強い糖質ですので、プレーンヨーグルトの酸っぱさが苦手という人には、フラクトオリゴ糖がおすすめです。

 

 

美容成分ということであれば、はちみつもオススメです。
はちみつには、オリゴ糖はありませんが、美容に良いビタミンB群やビタミンKが含まれています。