ヨーグルト以外の乳酸菌を含む食べ物・飲み物

ヨーグルト以外の乳酸菌を含む食べ物・飲み物

乳酸菌というとヨーグルトというイメージが強いですが、糠どこにも住み着いていますし、キムチの発酵にも利用されています。

 

糠どこには乳酸菌の他に酵母も含まれており、酵母が造るアルコールが雑菌を予防するとともに、乳酸菌が乳酸を作る原料としても働いています。乳酸は野菜の繊維をほぐしますので糠漬けの野菜はハンナリするとともに、酸味が付加されます。

 

韓国のキムチも、多種類の微生物が関与しており、その中に乳酸菌が含まれています。
すぐき漬けも乳酸菌の乳酸を利用した漬物です。
海外でよく食べられるザワークラウトという酸味のあるキャベツも乳酸菌による発酵食品です。ホットドッグなんかに挟まれている酸味のあるキャベツです。

 

いずれにしても、乳酸菌が製造に関わっていますので、食べる時には強烈に洗わずに食べることがおすすめです。

 

日本酒を作る過程でも、乳酸菌が利用されていますので、酒かすには乳酸菌が含まれています。ただし、速醸といって、乳酸菌が増えてくる工程を省いて作るお酒のつくり方もありますので、そういった作り方をしている酒粕には乳酸菌は入っていません。

 

味噌や醤油にも、植物性乳酸菌が含まれており、それらに含まれる乳酸菌は耐塩性が強いことが知られています。

 

飲み物では、乳酸発酵したお酒があります。乳酸菌にはヘテロ発酵と言って、乳酸以外にアルコールも作る乳酸菌がいます。これらが酵母とともに発酵してできるアルコール飲料がマッコリという韓国のお酒です。