ヨーグルトは口臭に効く?

ヨーグルトは口臭に効く?

嫌な口臭の原因はいくつか考えられます。

 

にんにくなど臭の強い食品を食べた時に口の中に残る臭いなどの、一時的な原因
口の中にいる雑菌が増えたことが原因
歯周病や虫歯が原因
胃腸の調子が悪いことが原因

 

などです。

 

特に、目に見える原因や覚えのある原因が無いのに、口臭がきついというケースでは、胃腸障害が原因という可能性が高いです。

 

胃腸の調子が悪い場合の口臭というのはどんな場合なのでしょうか?

 

ピロリ菌は、酸性の強い胃でも生きたまま活動できる細菌で、胃炎や胃潰瘍さらには胃がんの原因になる菌として有名です。
胃の中でピロリ菌が増加すると、その臭が口臭として直接吐き出されることがあります。

 

また、腸の中に悪玉菌が増加すると悪臭成分が発生することがあります。
この悪臭成分は期待ですので、腸から逆流して口から出ていくこともありますし、血液中に入り込んだ後に、吐く息とともに体外に排出されることもあります。

 

こういった、内臓系の原因による口臭は物理的に排除することが難しいので、その原因を排除しなければ、なかなか改善することができません。

 

こんな時には、ヨーグルトが有効な場合があります。
全てのヨーグルトが有効というわけではありませんが、ピロリ菌の増殖を抑えるガゼリ菌は、特に、胃の不調が原因である場合には有効です。

 

ヨーグルトに利用されている乳酸菌は、酸に強く、強い酸性を示す胃の中でも生きていますし、そのまま腸まで到達することもできます。
腸内に悪玉菌が増加したことが原因の場合には、善玉菌を増やし腸内の細菌バランスを調整する整腸作用のあるヨーグルトは効果的です。