ヨーグルトで眠くなる?不眠症対策にいいってホント?

ヨーグルトで眠くなる?不眠症対策にいいってホント?

ヨーグルトを食べることで、腸の働きが活発になると、それに合わせて、小腸におけるセロトニンの生産も活発になります。

 

セロトニンは、アドレナリンやドーパミンといった脳を刺激する物質の活動を抑え、精神を安定させる作用がある物質です。

 

セロトニンの不足は、集中力の低下やストレスに対する抵抗力が低下するとともに、うつ病や睡眠不足などの症状にもつながります。

 

実は、人の体にあるセロトニンは、小腸の粘膜に90%程度有り、脳には2%程度しかありません。
小腸でのセロトニンの働きは、腸のぜん動運動を活性化することにあります。
小腸で生産されたセロトニンは脳には運ばれないということです。

 

しかし、脳にある神経細胞でつくられるセロトニンの原料になるのはトリプトファンというアミノ酸は、小腸から吸収されて脳に運ばれます。
乳製品に含まれているタンパク質は、トリプトファン含有量が豆乳についで2番目に多い食品ですので、間接的に脳のセロトニンを増やすのに貢献していると考えられます。

 

実際のところ、ヨーグルトを食べるようになってから、うつ病が改善し、睡眠不足が解消されたという報告もありますので、間接的な効果は十分にあると思います。

 

ヨーグルトの働きで、小腸のセロトニンの生産が活発になって、小腸の栄養素の吸収能力が高くなれば、体の中の様々な合成が効率よく行くわけですから、うつ病に限らず、色々な意味で睡眠不足が解消することになるのではないかと思います。