ヨーグルトはコレステロールを上げる?下げる?

ヨーグルトはコレステロールを上げる?下げる?

ヨーグルトの効果の中で、案外知られていないのが悪玉コレステロールを下げる効果です。
といっても、コレステロール量そのものを下げているのではなく、善玉と悪玉コレステロールのバランスを調整できるというということです。

 

ヨーグルトの原料は牛乳なので、脂肪が増えるのではと考える人もいるかもしれませんが、原料欄に乳製品と書かれているもののほとんどは、脱脂粉乳が使われていますし、生乳にしても成分調整しているものが多いですよ。

 

血液中のコレステロールは全く不要というわけではありません、善玉コレステロールと悪玉コレステロールのバランスが大事なのです。ただ、メタボの傾向がある人は、どうしても悪玉コレステロールが多くなりやすいというだけなのです。
悪玉コレステロールは、肝臓で合成されたコレステロールを血液に乗せて必要な場所に運びますし、善玉コレステロールは不要なコレステロールを肝臓に運んで分解を助けています。
これらの反応を支配しているのは、肝臓細胞が作る反応をコントロールする酵素というタンパク質であり、酵素を作り出すタンパク質は腸から吸収されているわけですから、ヨーグルトの整腸作用がコレステロールのバランスを調整して、蓄積と燃焼を効果的に行いコレステロールの低下に貢献しているというわけです。

 

また、中には整腸作用以外の機能で脂肪の吸収を抑えているヨーグルトもあるのですよ。
クレモリス菌と言ってカスピ海ヨーグルトに含まれている乳酸菌です。
この菌は、菌のまわりに細胞外多糖類(EPS)を大量に作ることで有名な菌で、まるで、スライムのようにプルルンとしたヨーグルトになるということで、今はフジッコが商品で販売しています。
この菌の作る細胞外多糖は、脂肪との吸着力が強く、腸内の余分な脂肪をくっつけて、排便とともに排出する能力にたけているということです。