ヨーグルトはいつ食べたら効果的?朝・夜?食前・食後?

ヨーグルトはいつ食べたら効果的?朝・夜?食前・食後?

「ヨーグルトはいつ食べるのが効果的ですか?」という質問は、思った以上に多くありますが、
どのような目的で、どんなふうに体を改善したいのかによって、食べるべき時間は変わってきます。

 

また、代謝能力や内臓の能力による個人差の影響もあるので、
一概に「この時間!」と言うことはできません。

 

不特定多数の人を相手に、いつ食べるのが効果的かを断言している人がいたとすれば、
おそらくそれは、その人の個人的見解でしょう。

 

絶対的に言えることは、乳酸菌は、毎日食べる必要があるということです。

 

「腸内にとどまる」とか「腸内で増える」とか言って販売している商品はたくさんありますが、
どれくらいとどまり、どの程度まで増えるのか、ということまで公表しているところは見たことがありません。

 

それでも毎日食べてさえいれば、ヨーグルトに含まれている乳酸菌は腸内で増えてくれますし、
便秘気味の人は少なくとも排便するまでは腸にとどまってくれるはずです。

 

 

ヨーグルトを食べると効果的なおすすめの時間帯

 

上で述べたように、ここでご紹介する内容は、ある意味個人的見解ですので、もしかすると反論される方もいらっしゃるかもしれませんが、私のおすすめの時間帯をご紹介したいと思います。

 

 

「腸内の消化吸収を快適に行いたい!」という人は・・・

 

食べ物が腸に入るまでに、腸内環境を整えておくと良いので、食間に摂るのが良いです。
酸に強くて腸まで届くヨーグルトとはいえ、食後で胃の中がいっぱいのところに乳酸菌を入れたところで、
腸まで行く方法がありませんものね。

 

 

一日に3回も4回もお通じがある人は・・・

 

乳酸菌も一緒に出ていきますので、排便後に食べるとよいです。

 

 

朝のお通じを期待する人は・・・

 

夕飯時にデザートとして食べるほうが良いかもしれません。